ご指定のカテゴリーのプランを表示しています

▼ ご希望のプランカテゴリーを選択してください。


【法師スタイル】特別室やお部屋食コース等のスタンダードプラン

☆【花鳥風月を愛でる】深く、濃く、力強い命の息吹を感じる日本庭園を望む絶景特別室に贅沢ステイ。

【緑、濃い。日本庭園】自然の美しさの中に身も心も投じられる場所です。
お食事朝夕食付

「どこか山奥の古寺へでも来ているような気がしてくる」
苔むした庭を歩きながら、いつぞやのお客様が申されました。
徳川家三代将軍家光の茶道師範をつとめた、あの小堀遠州も愛でた『法師』の庭。
北国の厳しい風雪に耐えぬいてきた椎の巨木。古武士のごとき風格の中にも意外な優しさを感じさせる赤松。
ひたすら真っすぐに己の行き方をつらぬくかのような杉。
さまざまな庭の老樹を見るたびに何か人生について教えられるような気持になるのではないでしょうか。
名匠・佐野藤右衛門の手によって一段と表情豊かになった法師の庭はその趣をさらに深めております。
そんな庭園に面した3室の特別室。
それぞれの趣を感じさせる優雅な客室で寛ぎのひと時をお過ごしくださいませ。


▼このプランに該当するお部屋タイプ ※お部屋画像にマウスカーソルを重ねると大きな画像で確認できます。


☆【法師スタイル】伝承1300年、語り継がれる伝説の湯に癒され、加賀の情緒を映す季節の和懐石を。

【あわづ八景】大浴場前に飾られた貴重な1枚。法師の歴史と魅力を知ることができます。
お食事朝夕食付

今より1300年前、養老2年。
元正天皇の御代に泰澄大師という名僧が日本三大霊山の白山で修業を積んでおりました。白山山頂で荒行を始めておよそ1年余りがたったある夜。白山大権現という神が枕元に立ち、こう申されたのです。「粟津という村に薬師如来の慈悲による霊験あらたかな温泉がある。村人と力を合わせて温泉を掘り出し、末永く人びとのために役立てるがよい」この事がキッカケで「粟津温泉」は開湯され、その際に湯守を任された雅亮法師が立てた宿が「法師」と言われております。それから46代、変わらぬ気持ちでお湯を守り、旅人を癒しつづける当館でございます。
有効成分が豊富な効能豊かなお湯と、日本懐石の旨みを存分に味わえる法師の基本プランです。
長らく愛され続けてきたこの場所に素敵なひと時をお過ごしいただけると幸いです



☆リフレクソロジー付き自分へのココロとカラダの褒美・癒しの休日プラン

人間の足の裏や足の甲には体全体の器官や臓器を反射投影しているゾーン
お食事朝夕食付

"人間の足の裏や足の甲には体全体の器官や臓器を反射投影しているゾーンとポイントがあります。それをくまなく指で刺激することにより血液の循環やエネルギーの流れが活発になり、その結果として私達ひとりひとりが本来持っている「自然治癒力」を引き出し、体がよい状態に戻るように改善されてゆきます。体の不調やストレス蓄積のブロック排除を促進し、心身ともに癒される、リフレクソロジー(足裏)20分付のお得なプランとなっております。妻(夫)、彼女(彼氏)へのプレゼントとして、また日頃頑張っている自分へのココロとカラダのご褒美としてご利用下さいませ。                                      

"
※営業時間16:00~23:00の時間内で 「希望時間をご連絡ください。」
※リフレクソロジーはお1人様毎となり、 お2人様以上同時に行うことは出来ませんので予めご了承下さいませ。
※エステは健康上の理由により飲酒されているお客様・妊娠されているお客様は施術をお断りさせていただく場合もあります。


◇貸切風呂割引特典付き!通常3,000円を半額の1,500円でご案内いたします!「貸切風呂に関しましては、予約の際、希望時間をご連絡ください。」
希望に添えない時間帯もございますのでご了承くださいませ。
(混雑時・時間重複時等含む)



【公式HP限定★法師の歴史と贅がここにある】≪有形登録文化財≫日本文化の極み「延命閣」

第一印象はここから。歴史ある法師の玄関。一歩入ると静寂な空間が。

法師の美しき日本庭園の中央に位置する延命閣。

明治時代に宮大工の手によって建てられた総檜の御殿造りの建物は2016年に国の有形登録文化財に答申されました。

賀陽宮殿下、三笠宮殿下、高松宮妃殿下など皇族方や各界の名士が宿泊に利用した特別な宿泊施設として知られております。

鉄の釘は一本も使わずに組み上げられており、天井は格天井で高く、障子は黒ウルシ塗り、

唐紙は金箔で引き手にメノウを使い、典雅な美は息をのむほどの場所でございます。

棟札は確認できておりませんが、海軍元帥伊東祐亭による「延命閣」のがあり、明治45年6月7日と記されています。

那谷寺の修復に長く携わった大工・南部重道(昭和44年(現行の名工)表彰、昭和60年没)によると

延命閣を建てたのは法師の常大工をしていた父・喜太郎で、明治43〜44年頃の建築とのことであると考えられます。

歴史あるものだからこそ、皆様に知っていただきたい。

そんな想いでご宿泊プランを始めました。


▼このプランに該当するお部屋タイプ ※お部屋画像にマウスカーソルを重ねると大きな画像で確認できます。