【4月限定】聖地巡礼者様特別宿泊プラン【当館自慢の会席膳と奇跡のマリア像を是非堪能ください】
東館 和室12畳
【当館⇔聖体奉仕会無料送迎致します/奇跡のマリア像を拝観ください】

1975年の1月から1981年の10月まで101回続いたという『落涙』
涙を拭った脱脂綿は鑑定結果『ヒト体液』と判定されました。

その聖母像は当館から車で約13分『聖体奉仕会』に修められています。
『奇跡のマリア像』と呼ばれる聖母像を是非拝観ください。

【拝観後は当館自慢の会席膳をご堪能ください♪】

東館 和室12畳
東館 和室12畳
【聖体奉仕会とは】

1970 年(昭和 45 年)、新潟教区長 使徒ヨハネ伊藤庄治郎司教によって設立されたカトリックの女子奉献生活者の会です。会員は「従順・貞潔・清貧」の誓願をたて、イエス・キリストと聖母マリアの生涯に倣い、一生を神と人びとへの奉仕のためにささげます。

【秋田の聖母像(マリア像)とは】
秋田の聖母像は「すべての民の御母」と呼ばれる聖母の御絵をもとに、
秋田市の彫刻家、若狭三郎氏によって1963年に製作されました。

1975年1月4日の朝、この聖母像から涙が流れるという出来事がはじまりました。

「落涙」はこの日から連日繰り返されたり日数を置いたりしながら、
1981年の9月15日(悲しみの聖母の記念日)まで101回続きました。

涙が流れるたびに姉妹たちはそれぞれの作業の手を休めてご像の前に集まり、
一緒にロザリオの祈りを一環捧げ、最後に司祭が涙を拭き取るのが常でした。
涙をぬぐった脱脂綿は後に秋田大学と岐阜大学の法医学教室で鑑定を受け「ヒト体液」と判定されました。

詳しくはこちらをどうぞ「カトリック修道院聖体奉仕会http://www.seitaihoshikai.com/

【拝観後は当館自慢の会席膳をご堪能ください】
夕食は和食をベースに華やかにアレンジした創作料理をご提供いたします。さらに、デザートは2種類ご用意いたします。

【送迎に関して】
・チェックイン当日は当館出発15:00⇔聖体奉仕会様出発16:30となります
(所要時間約13分)(ご予約時に「当日送迎希望」とご記載ください)
・翌日は片道のみとなりますが聖体奉仕会様へお送り致します
当館出発10:00)(ご予約時に「翌日送り希望」とご記載ください)


詳細
掲載期間
2017/01/21 0:00~2017/04/29 24:00
対象期間
2017/04/01~2017/04/30
部屋タイプ
和の感性がしっとりと息づくなごみの空間。

12畳の主室とゆったり寛いで頂ける窓辺のコーナーがある、ゆとりある一間タイプのお部屋です。

・主室 12畳+広縁
・化粧間、内風呂、ウォシュレット完備
・定員6名様
・3階~5階 エレベーターあり
・Wi-Fi(無線LAN)がご利用いただけます
お食事
朝夕食付
朝食
バイキングでのご用意となりますが予約状況により和定食の場合がございます。
チェックイン
15:00~ 19:00 (15時前でもチェックイン手続きは可能ですがお部屋入室は15時以降となります)
チェックアウト
翌日10時チェックアウトとなります

しばらくお待ちください。